SHELLYの気ままなブログ

普段思うこと、人事のことなど気ままに書くブログ

【参加レポート】NEXTHRカンファレンス

行ってきました!

麹町にあるグロービス大学院のホールだったのだけど、300席満席だった印象。

会場から開演まで1時間あったのに、それよりもさらに早く着いてしまったので、あれこれ仕事しながら開演待ち。

 

人事のイベントって大きく制度が変わったりすることはあまりないので、普通の登壇だけだと前に聞いたところや調べたものと重複する傾向があるけれど、トークセッションやパネルディスカッションが入ると、企業ごとの違いやエピソードが聞けてとてもおもしろい。

忘れないようにメモをするけど、どうしても会話なので漏れているところたくさん・・・。

 

参加メモはGitHubにまとめています!

github.com

 

まとめ

今回は新卒・インターンにフォーカスした話だったので、来年の採用で参考になるといいなという感じでした。

クォーター採用を行っているソフトバンクさんも、結局は4月採用が多いということだったので、通年にしても3月までのフォローアップは必要だったり、内定者に対して人事担当をつけて、頻度高く接点を持つ取り組みなんかはさすがだなぁと感心。

ペパボは幸い内定承諾後の辞退が過去1名(?)しかないのでこの点詳細に考えてはいなかったけれど、これは新卒だけに言える話ではなく、中途であっても潜在層からの採用が活発になっている今、内定から入社までの時期も延びていることもあるので(※)、考えておこう。

社名で何をやっているか分かる大手企業さんでも、攻めの採用、インパクトのあるネーミングをとても意識している印象を受けました。
やっている内容は大きく変わらないにしても、ネーミングとアプローチ方法で認知度が大きく変わり、そこからの興味関心、応募と考えると、やっぱり採用マーケティングという観点からの動きはとても大切だし、そういった制度をリリースした前後でのPVや応募数分析などはやっていった方がいいんだよなぁ。。。と。

ちょうど下期やることを考えていたので、取り組んでみようかな。

 

(※)潜在層からの採用の場合、現職での採用がほとんどであること。また優秀層の場合簡単に離職できない場合がある